精機会
旧:機械科 現:マシンクラフト科(科名変更 平成5年)

マシンクラフト科の歴史
本校は1907 年(明治40)に金属細工科、精密機械科の2科によって創立されました。精密機械科はその後1943 年(昭和18)に機械科となり、1993 年(平成5)から現在のマシンクラフト科となっています。科名の中で、最も長かったのは機械科でしたが、精機会の名称は本校創立時の精密機械科の略称として名付けられました。
会が創設されたのは昭和の初めとされていますから、会の歴史は古いのですが特に会則があるわけでもなく、講演会・見学会などを通じて新しい技術の吸収あるいは同窓生の活躍を直に知り懇親を深めることを目的としています。 特筆すべきことは見学会の開催では参加者がM科のみでなく他科の方も多く参加されることです。
会の開催案内はもっぱら同窓会機関誌「こうげい」に掲載してお知らせしております。

 

マシンクラフト科の活動
映画、テレビ等で活躍しており、「アタックチャンス!」の名言で有名なクイズ司会者は昭和27年卒業生です。また、工芸高校の落語研究会がきっかけで講談師となった室井琴星氏(芸名)は昭和42年の卒業生です。マシンクラフト科は工業系、美術系のどちらにも進路が開かれていると感じられる「鋳鍛室の砂場」があります。懐かしくありませんか?

M科関連ブログ
M科ブログのタグ付きページを集めました

Please reload

A科関連記事
A科の最新情報や関連記事

M科の資料を集めております

June 24, 2019

『都立工芸高等学校機械科(マシンクラフト科)の学科改変とその変遷』についての研究

はじめまして。
私は工芸高校マシンクラフト科(平成28年度)の卒業生です。
私は現在、大学で『都立工芸高等学校機械科(マシンクラフト科)の学科改変とその変遷』について研究をしております。精密機械科を設立当初から現在のマシンクラフト科までの変遷を詳しく調べたいと思っております。

「工芸祭と交換会」2015

October 30, 2015

青空に恵まれた当日は久しぶりに訪れた人、教室内を回る時間の取れない人等、昔を思い出しながら、楽しい時を過ごしました。

その後、H24年から数えて4回目のクラス会を「膳菜や/水道橋店」で開催。初参加の3名を含め18名の旧友と再会しました。45年の時を超え、不思議な少年・少女の工芸生に戻り「元気・楽しく・嬉しく・健康で」と陽気な交換会でした。

64歳これでいいのでしょうか?70歳まで現役を目標に、筋トレやフィットネスクラブ等に通う人も多く、頼もしい限りでした。修 学旅行の写真を見ながら会話、懐かしい「工芸時代」を鮮明に思い出させてくれました。

今年は、M1・M2合同クラス会を企画しています。多くの旧友と再会 出来る日を楽しみにしています 。

 

遠藤・岡嶋・笠井(M1)・ 歌川・中村・佐藤(M2)

[こうげい№166より一部抜粋]

 

S37年卒 クラス会旅行

October 31, 2015

11月1・2日「ニコン山中ロッジ」に てクラス会を開催。

前回、旅行の要望が多くあり今回の企画を実施。8月から企画,11月に開催実施。40名以上と連絡が取れたが、諸事情も重なり参加は6 名。

当日は昔話に花が咲き、楽しい時間を満喫。2日目は、沼津魚市場直営食堂で海鮮料理を堪能、現地で解散。

 

(南澤英雄) [こうげい/NO.166より一部抜粋]

1 / 1

Please reload

ご登録されると会員専用ページを閲覧できます。

Copyright (C) 2016 Tsukiji-kogeikai. All Rights Reserved.