水口 咲さん「NHK会長賞」受賞

第68回日本伝統工芸展

水口 咲さん(1993年・D卒)が「NHK会長賞」を受賞しました。

公益社団法人 日本工芸会が開催する国内最大級の公募展、第68回日本伝統工芸展において水口咲さんの作品、漆芸部門 乾漆箱「新雪」が「NHK会長賞」を受賞しました。

漆芸作家として活躍が目覚ましい水口さんは、第62回日本伝統工芸展でも「朝日新聞社賞」を受賞しており今回は2度目の快挙です。


日本伝統工芸展は、9月15日(水)~9月27日(月)、日本橋三越本店 本館7階催物会場において開催中で、水口さんの受賞作品の他、次の3名の校友の作品も展示されています。


◎金工部門 桂 盛仁さん(1964年・A卒)人間国宝 「朱鷺香盒」

◎木竹工部門 須田賢司さん(1973年・F卒)人間国宝 楓嵌装小箪笥「安売乃宇美丹」

◎染織部門 松原伸生さん(1984年・D卒)長板中形麻地着尺「霞文」


また、本館6階の美術特選画廊では「一滴の漆」人間国宝 小森邦衛一門展が9月20日(月・祝)まで開催されていますが、ここでも一門として、水口 咲さんの作品が展示されています。


校友が活躍する伝統工芸の世界を堪能してください。

特集記事