「2022年度都立工芸同窓会総会」ご案内

以下の通り、都立工芸同窓会の定期総会を開催いたします。
なお、出席いただける方の通知を当ページ下部のフォームにて承っております。

2022年度 定期総会

日時

2022年5月21日(土) (記念講演終了後)
会場

母校視聴覚室
記念講演

(参加無料)午後1時 (開場:12時30分)

講師
福田 哲夫氏(昭和42年D科卒)
演題
「新幹線の作り方を変えたデザイン」
  都立工芸に学び助けられた半世紀
「東海道新幹線N700S」  画像提供:A&F(株)

「東海道新幹線N700S」 画像提供:A&F(株)

(上記画像について、無断の使用・複写等はご遠慮ください)

講師プロフィール
東海道新幹線開業の1964年に都立工芸高等学校デザイン科に入学、デザインを学び始める。
卒業後は日産自動車のエクステリアデザイナーとしてデザインプロセスを学ぶ。
その後フリーランスを経て1985年、未来にあるべき姿を描く仮説提案型のアドバンスデザインに特化したエイアンドエフ(株)を設立し現在に至る。
産業技術大学院大学名誉教授、日本デザイン振興会グッドデザインフェロー。デザイン学会、JIDA会員。

講師からのメッセージ
卒業後20年目に鉄道車両デザインと出会い、以来新幹線を中心に35年間続けています。
感性領域の風・音・光をテーマにした形や色の審美的な提案は、車内の快適性から沿線環境まで工学領域の技術的な課題解決にもつながることを証明する仕事でもありました。
また一方の軸からは、教職として取り組んだ技術の伝承と実務教育について、また今日に続がる都立工芸での学びと同窓生諸氏への感謝の気持ちをお話させていただきます。
備考

※総会(参加無料)は、記念講演終了後、引き続き開催いたします。

※総会後の懇親会は、新型コロナ感染防止配慮のため、行いません。

※ご来場の際は、感染予防をおねがいいたします。

※参加申し込みは5月15日までにお願いいたします。

総会参加の皆様へ「感染対策のお願い」

総会当日は、東京都の定める「リバウンド警戒期間」にあたります。
会場は東京都の施設をお借りするため、学校から次の事項をお守りくださいますよう依頼されております。

総会当日の2週間前(5月8日(日))より、検温及び体調管理をお願いいたします。
検温につきましては、定期総会当日にその記録の提出はございませんが、場合によりご参加いただいた皆様にも聞き取り調査等にご協力いただく場合があります。
また、体温等の記録は総会終了後2週間程度保管をお願いいたします。

※ご自身の体調にご懸念・ご不安がある方はご来校をお控えください。
 ご協力をお願いいたします。

<2022/05/04 追記>

以上

出席通知

    ※折り返し、自動で返信メールを送りますので、事前に「@kogeiob.com」ドメインからのメールが受け取れるようにしておいてください。

    ※以下、*は入力必須項目です。

    姓名 *
    (姓と名の間にスペース)
    ふりがな
    (姓と名の間にスペース)
    旧姓
    (該当の場合のみ)
    科 *
    卒業年 *
    郵便番号
    都道府県
    住所1
    住所2
    自宅電話番号
    携帯電話番号
    メールアドレス*
    コメント

    お送りいただいた情報は総会への出席確認、またはこの通知についてのご連絡以外の目的には使用いたしません。

       *上記の内容に同意し、送信する
       (同意しない場合、送信できません)


    会報「こうげい」179号もお読みいただき、奮って出席いただきますようお願いいたします。