「都立工芸同窓会2022年度総会」報告

[写真は記念講演時の会場風景]

5月21日(土)午後1時より3年ぶりとなる「都立工芸同窓会2022年度総会」が、コロナ感染症拡大防止対策を施した母校1階視聴覚室において開催されました。
総会に先立ち、講師・福田哲夫氏(1967年D科卒)による記念講演『「新幹線のつくり方を変えたデザイン」都立工芸に学び助けられた半世紀』が開催され、終了後休憩を挟み「総会」が開催されました。

《記念講演参加者》ご招待10名・同窓会員68名・総計78名
《総会参加者》ご来賓4名・同窓会員68名・総計72名

記念講演「新幹線のつくり方を変えたデザイン」-都立工芸に学び助けられた半世紀-

[写真は記念講演の講師 福田哲夫氏]

講演で福田氏は、都立工芸高校時代の厳しい授業の有様の紹介から始まり、その経験がデザインに大きく役立ったとお話しされました。
独立後のレンダリングやイラストレーション作品紹介、新幹線のデザインのまさに「新幹線のつくり方を変えたデザイン」の具体的な事例紹介をいただき大変素晴らしい90分の講演を頂きました。
終了にあたり参加の皆様から惜しみない拍手がおくられました。

総会次第

「都立工芸同窓会2022年度総会」は以下の次第で開催されました。

  1. 開会の辞
  2. 会長挨拶  大賀 勉 氏
  3. 来賓代表挨拶 東京都立工芸高等学校 統括校長 池上 信幸 先生
  4. 2021年度会計報告  事務局
  5. 会則変更の件  大賀 勉 氏
  6. 新役員承認 2022年度・2023年度役員
  7. 新会長挨拶  梶 広幸 氏
  8. 2022年度予算案承認
  9. 閉会の辞

全ての議案が承認され、午後3時20分に閉会いたしました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。